高齢のがん患者はアルツハイマー病になるリスクが低いことが、イタリアの研究で示された。20万人強を対象とした研究で、一般集団に比べ、がん患者はアルツハイマー病のリスクが35%低く、一方、アルツハイマー病患者はがんリスクが約半分であることがわかった。

研究グループは、この知見が双方の疾患の治療を向上させる研究の指針として役立つ可能性があると述べている。研究の筆頭著者であるイタリア高度生物医学技術研究所(Italy's Institute of Advanced Biomedical Technologies)のMassimo Musicco氏によると、今回の研究では特に、がんの増殖と制御において作用することがわかっているいくつかの遺伝子が、アルツハイマー病(の発症)にも関与している可能性が示されたという。

「Neurology」オンライン版に7月10日掲載された今回の研究では、60歳以上のイタリア人20万4,000人強の健康状態を6年間(2004年~2009年)追跡。期間中に約2万1,500人ががんになり、2,800人強がアルツハイマー病を発症した。両方を発症したのは161人だったが、一般集団の発生率から、両方を発症する比率はもっと高いと予測されていたという。これらの数値を処理した結果、いずれの疾患にも他方の疾患のリスクを下げる保護効果があることがわかった。また、一方の疾患による早期死亡(および寿命の短さ)によってこの関係を説明することはできなかった。

米ニューヨーク大学ランゴン医学部(ニューヨーク)教授のJames Galvin氏は、脳血管性認知症などの認知症リスクは、がんやがん治療によって変化しないと指摘。多くのがんとアルツハイマー病には共通の経路が存在するが、その他の認知症にはそのような関係が存在しないことが示唆されると述べている。がんとアルツハイマー病の間に独特の関係があるとすれば、がん治療に用いられる薬剤をアルツハイマー病にも利用できるかどうかについて研究を重ねる必要があると、同氏は付け加えている。

付随論説の著者である米ワシントン大学医学部のCatherine Roe氏は、今回の研究はその規模の大きさから有望であると述べ、最終的には、アルツハイマー病とがんの間に関連がみられる理由を解明するうえでも有用なものとなると考えられると指摘している。なお、今回の研究では、がんリスクとアルツハイマー病リスクの関連が認められたが、因果関係を明らかにするものではない。(HealthDay News 7月10日)

http://consumer.healthday.com/senior-citizen-information-31/misc-aging-news-10/seniors-unlikely-to-get-alzheimer-s-and-cancer-study-finds-678152.html
Copyright (c) 2013 HealthDay. All rights reserved.

" />
ナイス!保険
保険の疑問を解消するお役立ちサイト